ドライブレコーダー 最強

ドライブレコーダー 最強

ドライブレコーダー 最強

近年日本では、様々な目的・思想から車にドライブレコーダーを取り付ける人が増えています。

 

ドライブレコーダーとは正式には、映像記録型ドライブレコーダーと呼ばれ、記録した映像は事故等の被害状況確認や、違反者の記録、歩行者の安全保護など様々な用途に活用されます。

 

もともとは航空機に設置されているフライトデータの利活用の方法をヒントに、2005年ごろから一般家庭・一般車へと普及が始まりました。

 

現在では、新車購入時の特典としてプレゼントされたり、自動車用品専門店や家電量販店、少し大きなディスカウントスーパーなど様々な場所で、手軽に購入することができます。

 

ドライブレコーダーは、自らの安全運転の手助けとなるだけで無く、周囲の運転者にも「記録していますよ」という監視の目となり、悪質な違反者や横暴な運転者の危険運転を防止する役割も果たしています。

 

そのため、警視庁でもドライブレコーダーを活用する働きがあり、日本全国でドライブレコーダー設置車100%を目指す運動も行われています。

 

世界では日本よりも先に普及しており、パトカーや消防車、救急車等の緊急車両には先んじて設置しており、救命活動の一部始終を録画し、効率工場や人命救助の手際をより素早く、確実なものへと昇華させることに成功しています。

 

また、タクシーやバスといった運輸・運送業のドライバーにも重宝されており、日々の運送ルートに異常がないか、問題はないかという「日々改善」の仕事も行っています。

ドライブレコーダーを導入したほうがいい理由

ドライブレコーダーは、録画方式にかかわらず運転中の映像を録画することができます。

 

この機能は、事故や事件、危険運転の被害を受けた際に有力な証拠として扱われ、犯人への罰をより正確なものとします。

 

例えば、悪質な運転をする相手に衝突され、自分だけそのまま病院へと搬送された際などに役立ちます。

 

事故を起こした加害者が「相手が交通ルールを守っていなかった」と警察に申告し、そのまま受理されてしまった場合、自分は被害者であるのに賠償責任を負うこととなります。

 

しかし、ドライブレコーダーを取り付けていた場合、その事故の前後の映像を記録し、客観的な視点からの証拠として扱われます。

 

相手がどのような申告をしても、ドライブレコーダーにしっかりした映像が残っているため、虚偽の申告が通らず、正当な扱いを当然に受けることができます。

 

他にも、車の後面にドライブレコーダーを設置し、「録画中」のステッカーを貼っておけば、「煽り運転」などの危険運転から自分の身を守ることができます。

 

本来「煽り運転」という危険な行為は、減点無く免許停止・取り消し処分を下される悪質な行為ですが、証拠として挙げられるのは被害者・加害者の言葉のみであり、正当な処分が下されることがありませんでした。

 

しかし、ドライブレコーダーという映像を記録し、証拠として扱われる有用な機器を取り付けている場合、万が一煽り運転をされたとしても、その相手に正当な処罰を受けさせることが可能になります。

 

自分の身を守る役割、安全運転を助ける役割、人命救助の手助けと、「運転中の危険回避」に特化した性能を誇るため、ドライブレコーダーの必要性が伺えます。

ドライブレコーダーの価格相場

ドライブレコーダーは、価格やデザイン、用途や取り付け位置などたくさんの選択肢が存在します。

 

価格は安いものだと数千円で買えますが、より高性能なものですと数万円もします。

 

また、ルームミラーに取り付ける型、カメラと映像記録媒体が分かれている型、カメラと記録媒体が一体になっている型など、デザインも豊富です。

 

「車の前面の記録にはカメラ一体型を使用し、後面の記録にはカメラ分離型を取り付ける」のように、用途に合わせて用意することも可能です。

 

また、映像の記録だけではなくGPSなどのデータを計測したり、ハイスペックなものではカーナビと一体型になっているようなものもあります。

 

ドライブレコーダーを選ぶ際には、自分の運転頻度と距離を考えて選ぶと良いでしょう。毎日長距離を運転するのであれば、前後2つの取り付けをおすすめします。

 

その際、片方は「ハイブリッドタイプ」のドライブレコーダーを選び、もう片方は「常時録画」か「衝撃感知」のどちらかを選ぶと良いでしょう。

 

運転する頻度が低く、日々のお買い物のような短距離のみの運転が多い場合は、常時録画のタイプでも良いでしょう。

 

しかし、常時録画のタイプは映像が溜まった際に自動で消去する機能が付いているものを選ぶことをおすすめします。

 

あまりに安いものを選んでしまうと、自動消去の機能がついておらず、肝心な時にデータがいっぱいで録画できていない、という残念な結果を引き起こすこととなります。

 

ドライブレコーダーは、価格、デザイン、走行距離によってある程度選択肢を狭められます。お財布とお車と相談して、自分に合ったドライブレコーダーを見つけましょう。